保険のビュッフェで相談したい「独身に必要な保障」とは?

保険のビュッフェで独身の保険を確認

独身に必要な保障は、医療と貯蓄です。万が一大きなケガや病気で入院や手術が必要になったら、収入が減ってしまいます。傷病手当金や休業補償などの仕組みはありますが、それを使っても66〜80%まで収入は落ち込んでしまいます。

さらに入院費用や手術代、家賃などの固定費の支払いも必要になるかもしれません。減った収入の補填にもなるのが、保障が一生続く終身型保険です。高額な保険ではなく、入院日額5,000円〜1万円くらいの商品に加入しておくといいでしょう。終身型だと死亡するまで一生涯保障が続きます。

 

貯蓄のことも保険のビュッフェに相談

生命保険に加入することで、貯蓄をすることができます貯蓄型保険とも呼ばれていて、死亡したときや高度障害が残った時などの万が一の時に備えられます。貯蓄は銀行預金や定期貯金が一般的ですが、今は低金利なので、銀行に積立定期預金しておいてもほとんど利息がつきません。

しかし、貯蓄型の終身保険の場合は解約すると元金に加えて銀行預金の1.5倍くらい増えることがあります。万が一の時に備えるならば、終身保険で貯蓄しておいた方がいいでしょう。保険のことで悩んだ時には、保険のビュッフェに相談すればFPが相談にのってくれます。

コメントを残す